もりたけブログ

ロジックよりも勢いを大切にする男が教える【ブログビジネスを初めて5ヶ月と20日で脱サラした初心者に向けた情報を発信中】

本を読む勉強は『9割』が無駄な時間。その原因と解決策を公開!

ども、森永です😊

 

ブログを勉強する選択肢として、「本」「動画」をみてされる方が多いと思います。

 

その中でも本は手取り早く、手軽に知識をインプットもできるものです。

 

しかし、実は9割方の人が本をただ読んでいるだけで無駄な時間を費やしていることです。

 

 

先日僕のDMにこのような相談がありました。

f:id:tobi-1002:20200526154129p:plain

f:id:tobi-1002:20200526154144p:plain

 

 

僕も小説からビジネス書など、「稼げるための知識」というような本を一生懸命読んでいるんですが、それを見て周りからは「本なんて読むの?すごいね」と言われることがあります。笑

 


しかし一つ気になったことがありました。

 

読書をすることによって、「何か身に付いているか」「その知識は役立てているか」と思い返すと、自信を持って「はい!」と言えない自分に気付きました。

 

 

本だけではなく、映画やドラマでもそうです。

 

例えば、こういったことってありませんか?

 

↪︎「ヤンキーが甲子園に行くような友情ストーリーを見て涙したのに友達の夢を平気で笑ってしまう」

 

↪︎「家族の絆を描いたドラマを見て、感動を覚えたのに自分は家族と喧嘩をしている」

 

 

などなど、 何を目的に読書をするのかで変わりますが、ただの暇つぶしではなく、

 

➡︎「何かを得たい」

➡︎「悩みを解決したい」

 

と思っている場合、

ただダラダラと読むだけに特化した読書では何も得られないです。 

 

いわゆる積読というやつもこれにあてはまりますね。

 

今回は読書から学ぶための解決策とその原因について解決します。

 

読書で「刺激もらいました!」とノウハウコレクターになってしまっているのであればぜひ、この記事で克服してください!

 

 

 

 

 

◆「わかる」ではなく「出来る」

f:id:tobi-1002:20190517153351j:plain

 

 読書をしただけで、

 

↪︎「すげぇ刺激になった!」

 

↪︎「めっちゃやる気が出て明日から頑張るぞ!」

 

 

これは知識やスキルが向上したわけではなく、勘違いした大馬鹿野郎です。

 

 

人は「分かる」を得た時点で満足してしまうところがあります。

 

 

例えばビジネス書を読んだだけで、

 

「もうやり方は分かってるんだよ」と出来る気分になります。

 

 

ヤンキー漫画を見て、徐々に強くなっていく主人公を見てると、自分もケンカが強くなった気がしたりしませんか?

 

そんなイメージですね。

 

ただ読書をしても得られるのは「分かる」程度なんです。

 

大事なのはそれを「できる」にしなければなりません。

f:id:tobi-1002:20191004133817j:plain

 

 

 

「遠足は家に帰るまでが遠足」というように、

「読書は出来るようになるまでが読書」と言えます。

 

 

こんなちょっとしたことに気使うだけで、効果は断然違ってくるはずです。

 

 

◆考えながら読む 

f:id:tobi-1002:20191009195126j:plain

 

 

本を読む時にはただ漠然とパラパラ読んでいませんか?

 

きっと物語を読んでいくにつれて、心に響くセリフがあったり、笑っちゃうシーンがあったり、悪役を見て腹をたてたりと色んな感情が出てくるはずです。

 

しかし、大切なのは「なんでこの人はこう言ったんだろう」と思ったりと、

その感情に対して「なんで?」と思うことから深い所まで読み取れるようになります。

 

 

例えばドランゴンボールで言うと、

 

絶頂期はフリーザ編と言われています。

 

セル編や魔神ブウ編も面白いですが、一部のファンからは「フリーザ編以降から面白くなくなった」という声も少なくないです。

 

 

 一般的にただパラパラとマンガとして楽しんでいた人に関しては、いちばんワクワクしたドラゴンボールフリーザ編がピークでそれ以降はつまらなくなったと言われています。

 

しかし、筆者はドラゴンボールを違った観点から観察し、登場人物(ベジータなど)の想い、奮闘、弱みなどを推察し、フリーザ編以降のセル編、魔人ブウ編へと絡めています。

 

ドラゴンボールを知らない人にはまったく意味が分からない話ですが、ようはたかがマンガの架空の人物でさえも様々な感情や想いがあるわけでそれを読み取っていくことがその物語をもっと深くなっていくもんです。

 

 

そしてリアルの世界でも、自己中心的になり相手のことなど考えられない人は、自分以外の他人にも感情があって、考えがあるんだと、

人を思いやれるような人間になっていけるでしょう。

 

 

◆読む本は少なくていい、いい本を繰り返し読む

f:id:tobi-1002:20200526160102j:plain

 

僕たちは学生の頃から「読書をすればするほどいい」と思い込んでいると思います。

 

しかし「読書を通して成長したり、悩みを解決したりするのであれば、ただ読むだけじゃだめだ」と冒頭で申した通り、読書をたくさんしても本の内容が思い出せなかったりします。

 

要は ただの暇つぶしで終わってしまったのが現実ではないでしょうか?

 

ここで覚えておきたいのが、 人は次から次へと忘れる生き物です。

 

よく受験勉強でペラペラめくる暗記カードを使って覚えたりしましたが、そんな感じで何度も何度も刷り込んでいくましょう。

 

 

◆本にあるのは正解ではなく「ヒント」f:id:tobi-1002:20190323195517j:plain

 

実はほとんどの本において、

「これを読むだけで悩みが解決する」といった内容のものはありません。

 

 

「秒速で稼ぐ!」なんて本がありましたが、もちろん読んだ人全員が稼げるようになったわけはありませんね。

 

 

もちろんウソが書いてあるなんてことではなく、本に書いてあるのはヒントだけです。

 

 

その本を読んだだけでは何も変わりません。

その通りにやってみてもうまく行かないかもしれません。

 

 

つまり何かを変えたければ、

あなたはそのヒントに気付いて実際に行動するしか方法はないのです。

 

 

◆知識が増えると行動するのが怖くなるf:id:tobi-1002:20190124175554j:plain

 

「人一倍読書をしているのに行動出来ない人」っていますよね。

 

でもこれ実は、知識を付ければ付けるほど行動できなくなってしまうからなんです。

 

 

しかし、リアルの世界に答えはありません。

  • 緊張せずに会話出来るようになる方法
  • 失敗しない起業の方法
  • 歌がうまくなる方法

 

など、さまざまな悩みは、本を探せば答えが書いてありますが、

その答えは実際に通用するかは分かりません。

 

 

しかし、知識を付けることにより全てに答えがあると錯覚してしまいます。

 

 

そして、何をするにせよいちいち方法が気になって、

 

全てを納得しなくては動き出せないようになってしまうんです。

f:id:tobi-1002:20190326140152j:plain

 

 

買い物で例えると、

 

↪︎どのメーカーがいいのか。

↪︎どの種類がいいのか。

↪︎買う時期はもう少し待った方がいいのか。

↪︎どの店で買えばいいのか。

 

などなど、次から次へと気になって動けません。

 

さらに、一番は勉強したことによって、

失敗することを一番恐れてしまいます。

 

ある程度の知識は大切ですが、一番は実際にやってみて、

失敗しながら学んでいくこと。

 

失敗しようと行動すれば経験になります。

 

読書は困った時や行き詰った時のアクセントとして、読書が10割を占めないように注意しましょう。

 

 

◆行動編

f:id:tobi-1002:20190307162149j:plain

 

 

文中でも出ましたが、行動できないor実践できない理由の多くは

「忘れてしまうこと」です。

 

 

↪︎「人にやさしくしなければならない」

 

↪︎「夜更かしをせずに朝は早くおきた方が良い」

 

↪︎「食べ過ぎ、飲み過ぎは体に良くない」

 

 

これらは全て誰もが「分かっている」ことですが、その時になると、

その重要性を忘れてしまうことにより実践出来ないでしまいます。

 

 

人の脳は次から次に忘れていく仕組みになっています。

 

 

本来は辛いことを忘れる便利な機能なんですが、その分勉強したことも忘れてしまいます。

 

 

ではどうすればいいか?

 

 

それは本を見て感銘したその時の想いをずっと覚えておけばいいだけです。

 

 

人の記憶は、聞いたり見たりするだけでは10%しか心に残らず、

 

90%は忘れてしまいます。

 

 

そこで、誰かにそのことを話してみましょう。

f:id:tobi-1002:20190121005029j:plain

 

 

会話として頭に刷り込まれ、40%が記憶として残ります。

 

また、実際に行動することでは80%誰かに教えると90%となります。

 

 

分かりやすく言うと、

テレビでお笑い芸人の一発ギャグを見ただけじゃすぐに忘れてしまいます。

 

誰かに「面白いんだよ」と勧めると、半分は記憶に残ります。

 

また、忘年会でそのギャグを披露すればほぼ記憶したことになりますし、その芸を後輩に引き継いでやり方を詳しく指導していけば、

もう一生あなたの心の中に残るでしょう。

 

 

このことを踏まえてここからは、読んだ本を忘れないように、

ずっと心に残しておく方法を紹介していきます。

 

 

①まずはSNSで感想を書く 

f:id:tobi-1002:20190327183658j:plain

 

 

まず一つ目は、自分の考えや思ったことを書き記す方法です。

 

文章をかくためには考えをまとめなくてはいけませんから、もう一度整理することが出来ますし書くことで誰かに伝えられます。

 

つまり教えることになりますから、より心に残ります。

 

 

今ではFacebookTwitterを使えば好きな時に気軽に投稿出来るので、

 

是非使ってみると行動にも繋げていくことが出来そうです。

 

 

②友達や家族に感想を話す

f:id:tobi-1002:20190517155636j:plain

 

 

もちろん一番は実際に人とそのことについて共有することが身に付きやすいです。

 

 

また、ヒントやアイデアも会話の中から生まれてきます。

 

 

思っていることや考えたことを言葉にして話すことにより、自分自信で答えが分かってきます。

 

 

また、思いがけない人からヒントが貰えることもたくさんあります。

ディスカッションすることによってステキなアイデアが生まれることもあります。

 

読書というと一人の空間を楽しめるのがいいところでもありますが、

行動に繋げるには一人ではなく周りの人達とシェアしてみましょう。

 

 

③1つずつ繰り返しを実践する

f:id:tobi-1002:20190121031057j:plain

 

 

スキルであろうと考え方であろうと、なにかを「出来る」ようになるには実践をし、出来るまで何度も繰り返す以外に方法はありません。

 

 

例えば「自転車に乗れるようになりたい」という子供に対して、

 

あなたならなんと言いますか?

 

 

おそらく「じゃあ公園で練習しよう」と実際に自転車に乗せてみると思います。

 

 

しかし、大人になると転ぶのが怖くて、笑われたりケガをするのを恐れて、自転車の仕組みを勉強しだしたり、どの自転車がのりやすいのかを比較しだしたり、体重移動の原理を一から学ぶようになります。

 

 

こう聞くと大袈裟で笑ってしまうような例えですが、実にありがちで笑えない事実なのです。

 

 

起業したいと、本を読んで勉強してセミナーに通っている人を起業家の人がみたら、

 

「いくら勉強してもやらなきゃ意味ないのに」

 

まさに自転車に怖がって乗れない人のように映っているかもしれません。

 

◆まとめ

 

「本は読めば読むほどいい」という常識がありますが、

実際にはただ読むだけでは駄目です。

 

また、「悩みを解決してくれるようないい本がない」と探しまわっている人にも、本には答えはのっていないというよりもこの世に答えはありません(笑)

 

 

本に書いてあること、思ったこと、感じたことをヒントにして、

 

まずは実戦してみる。

 

そこで初めて読書の効果が得られるのです。

 

本日の内容は以上です!

 

僕のLINE@では、

 ・ブログビジネスで困っている

人間関係に悩んでいる

SNSの運用がわからない

 

など、こちらのページで、

ブログビジネスに関するご相談無料レクチャーも実施しております!

 

\公式LINEでのブログ無料レクチャー/

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20200311022653j:plain

ブログビジネスでの稼ぎ方がわからないアナタへ(ブログビジネス収益化までの流れを全公開します)

見出し画像

 

どうも、森永です!

僕は大阪を拠点に構え、ブログビジネスを中心に活動を行なっております。

今回の内容は、これからビジネスで稼いでいきたいけど、『稼ぎ方がわからない』という方を対象に「どうやってビジネスをやっていけばいいのか?」という実態を全公開します。

▶️ 何から取り組んでいけばいいのかわからない
▶︎ ビジネスでの稼ぎ方を理解できていない
▶︎ 才能のない自分なんかで収益化できるのか?
▶︎ 効率的に稼ぐ方法を知りたい

などの悩みを抱えている方は多いですので、是非読んでいただけたらなと思います。

 

この記事を読むだけで

スクリーンショット 2020-06-15 19.21.06

スクリーンショット 2020-06-15 19.21.06

スクリーンショット 2020-06-15 19.21.06

とかなり有益な内容となっております。

 

ビジネスで稼いでいきたい人は必ず知る必要がある内容なので、

最後まで読み進めていくことを強くお勧めします。

 

◆どうやってビジネスを取り組んでいけばいいのか?

画像4

 

ビジネスで「お金を稼ぎたい!」と思っても、

何から始めればいいかわからない人は多いですよね。

 

まずビジネスと言っても様々なジャンルが存在します。

僕もビジネスを始めたばかりの頃は、何から始めればいいかわからず、"稼げそうなノウハウ" を片っ端から集めていました。

MLM(ねずみ講)
・プログラミング
SNSを使った集客マネタイズ
・転売やせどり
・FXなどの投資系

 

とにかく「これなら稼げるからやってみよう」と思ったものの、1円も稼げずに「ノウハウコレクター」になっていました。

 

躍起になりひたすら取り組んでいましたが、自分のやっていることが「正しいやり方なのか?」と焦りと不安だらけになってしまいましたね。笑

その時に僕はこう思いました。

 

 

スクリーンショット 2020-06-15 19.43.22

 

当時の僕はとにかく「自分が稼げない理由」が理解していなかったです。

 

そんな時に、知り合いの経営者から“参考になるきっかけ”を教えていただきました。

 

それは「ビジネスを始める前に4つのことを守る」ことでした。

これが今でも僕が新しいことを始める時の“判断材料”にもなっています。

この判断材料を持ってビジネスをすることで、自分が「そのビジネスが合っているのか合っていないのか」が明確になることです。

 

声を大にして言います。

 

当時の僕のように稼げてない人達は、

「ビジネスを根本的に理解せず、とりあえずやっている状態」です。

画像6

 

行動することはとても大切です。

ただガムシャラに取り組んでうまくいくほど、

ビジネスでの収益化は甘くはありません。

 

僕はこの「ビジネスを始める前に守るべき4つ」を理解し、それに沿ったビジネスを実践したおかげで稼げるようになりました。

当時の僕みたいにならないためにも、ぜひメモを取りながら勉強してくださいね。

 

◆ビジネスを始める前に守るべき4つのこと

画像7

 

早速、「守るべき4つのポイント」は以下になります。

 

①初期費用を抑えて始める
②在庫を持たない
③利益率が高い
④毎月ストック型の収入がある

 

まずは一つずつ詳しく解説をしていきますね。

 

①初期費用を抑えて始める

画像8

 

言葉の通り、始める際になるべく「お金をかけずに始める」ことから取り組んでいきましょう!

リスクを全く抱えないのは当然ダメですが、だからと言ってリスクが高いものから始めるればいいってものでもないです。

それで借金になったら、元もこもないですからね。(笑)

今の時代、小資金で始められるビジネスはいくらでもあります。

インターネットやSNSを使えば、個人でもビジネスができる時代です。

 

②在庫を持たない

画像9

 

在庫を持たないというのは、率直に「物を抱えない」ということです。

在庫リスクを減らすのはビジネスの鉄則です。

売れるかわからない物を多額のお金を出して買うわけですから、このやり方で初心者が一度失敗すると再起不能になります。

在庫を持たないビジネスであれば、物を仕入れる必要もなくなるので、売れなくてもダメージがありません。

なので在庫を持たないビジネスモデルを選びましょう。

 

③利益率が高い

画像9

まずリアルな話をしますと、

数百円のものを大量に売ったり、単価の安い案件をとり続けるのようなことをしても、自由になるための時間とお金は作れません。

 

自分の目的に沿った行動をしていくことが大切です。

稼ぐことも大事ですが、それ以上に利益率を上げたり、

「稼ぎ続けられる」ことを継続していくことが目標達成に必須になります。

 

④毎月ストック型の収入がある

50845686-お金の雨背景でフィンを持ったビジネスマン

 

ストック型というのは、スポーツジム毎月費学習塾のように、定期的にお金が入ってくる仕組みを作るという意味です。

 

長年の時間を費やし商品を販売したが、ニーズはどこかで終わり次が来る、

どれだけ稼いでも“労働”と変わりはないということです。

 

一時的に売り上げは上がったけど、また自分で売り続けなきゃいけない。

それだとキツいし、次にまた売れるとは限らないですよね。

 

なのでビジネスを始めるにあたって、毎月、毎週、固定で収入が入ってくる仕組みを作ってしまうのがいいです。

そうすれば不安も無くなりますし、新しいことにチャレンジする時間も作れます。

 

◆「4原則」に当てはまるビジネスモデルとは?

画像11

先ほどお伝えした4つのポイントをまとめます。

①初期費用を抑えて始める
②在庫を持たない
③利益率が高い
④毎月ストック型の収入がある

この4つは必ず覚えてくださいね!

そして、それらが当てはまるビジネスはどんなものがあるでしょうか?

 

いくつか例を上げて、4原則と比較してみましょう。

 

①転売やせどり

転売は物を安く仕入れて高く売るというビジネスモデルで、再現性が高く、初心者の方でも利益が上げやすいです。

しかし転売は

初期費用を抑えて始められる❌

例:100万仕入れて、120万で売る

このように物を仕入れるための初期費用がどうしてもかかってしまいます。

在庫を持たない❌

こちらも物を抱えることで在庫を持ってしまいます。

無在庫転売という方法もございますが、僕としては常にニーズ(売れる物を選定)を追い続けなければならない点から在庫を抱えているのと変わりありません。

さらに最近ではアマゾンやメルカリなどで規制が厳しくなってきています。

これらが当てはまらず、僕の選択肢から外れます。

 

②FXなどの投資系

投資は人が働くのではなく、お金に働かせるので、労働収入から抜け出し、権利収入を得ることができます。

しかし注意してほしいのが、

初期費用を抑えて始められる❌

投資の世界では「月利3%〜5%」を確保できればいいほうと言われています。

 

例えば、脱サラするために25万円必要だとして、それを稼ぐためには

「500万円÷25万円=5%」
*つまり500万円の資本金が必要になります。

こんな大金を持ってる人はそうそういないですよね。

初期費用の負担が大きすぎるため投資も僕の選択肢から外れます。

 

そんな中で僕が1番相性がいいなと思ったのは「ブログ」でした。

画像12

 

ブログはネットビジネスの中で最も人気があり、実際に参入される方も多いです。

ただ上手くいく人が少ないというのも事実で、ブログから月に5000円以上を稼げるのは5%未満と言われています。

 

では「ブログで稼ぐのは無理じゃないのか?」と言われますが、

そんなことないです!!

正しい方法で継続していけば、誰にでも稼ぐことは可能なんです。

 

上手くいかない人のほとんどは、間違った方法を実践しているか、努力をしていないかのどちらかです。

 

◆ブログでの収益化の道筋は
「自分の目的に沿った方法」を決めましょう。

画像13

 

ブログで稼ぐと言っても、たくさんの方法があります。

アドセンス広告
アフィリエイト(代理販売)
✅コンテンツビジネス

それぞれのメリットとデメリットを解説していますので、ご覧ください。

スクリーンショット 2020-06-17 2.29.03

ブログの中でも様々な収益化がありますが、注目して欲しいのは、

4原則に当てはまるのは、「コンテンツビジネス」だということです。

 

初期費用を抑えて始められる⭕️

自分の知識や経験を商品として扱うため、お金はもちろんかからないです。

かかるとしてもサーバー代で月1000円程度。

在庫を持たない⭕️

PDFや動画など、ネット上で商品を作成できるため、在庫は持ちません。

 

利益率が高い⭕️

自分で作った商品になるため、利益は全て自分のものになります。

当然、利益率は100%になります。

 

毎月ストック型の収入が入る⭕️

有料のメルマガサロン運営などをしていけば、毎月収入が入ってくる仕組みも作ることができます。

このようにコンテンツビジネスは最も理想的なビジネスモデルと言えます。

 

◆どうやってコンテンツビジネスをやるのか?

画像15

ここまでお話すると、このような質問をいただきます。

「コンテンツビジネスの良さは理解できたが、どのように取り組むのか?」

このような疑問が出てきますよね。

 

コンテンツビジネスは難しいと思われがちですが、そんなことはないです!

以下の3つのポイントさえ理解し、仕組みを作ることが可能です。

 

スクリーンショット 2020-06-17 2.29.12

 

お気づきかもしれませんが、

実店舗を持ったビジネスとなんら変わりがないということです。

 

ビジネスの基礎としての、

🔴集客 (お店やブログに人を集める要素)
🔴販売 (お客さんに物を売るまでの流れを提示する要素)
🔴商品 (お客さんに提供する物やサービスの要素)

 

上記、3つの要素が必要不可欠になってきます。

 

この3つの要素を元に、【リアルで取り組むorネットで取り組む】のどちらかだけだという真実です。

 

最後にブログでの収益化の流れを簡潔にまとめましょう。

 

⑴ブログにアクセスを集めるためにSNSを使用する✅
⑵自分の知識やスキルの集大成を商品として扱う✅
⑶LINE@、メルマガで販売を行う✅

こういった仕組み構築を行うことで、

コンテンツビジネスで稼げるようになります。

 

ただこの仕組みを聞いただけでは、正直、具体的にどういう行動をとっていけばいいのかわからないですよね?

 

なのでより具体的な手順をまとめたものも、こちらの公式LINEで無料解説させていただきます!

 

\公式LINEでのブログビジネス解説はコチラ!/

スクリーンショット 2020-06-17 2.57.17

 

本日の内容は以上です!

最後までお読み頂きありがとうございました。

「今ではない」「タイミングを見て始めます」信者が第一歩を踏み出すには?

f:id:tobi-1002:20200519191022j:plain

 

どうも、森永です。

 

最近冬に近づいて、体調管理が一段と重要になってきましたね。

 

コロナの感染者も日に日に増えてきて、まだまだ油断できないですよね。

 

 

僕はブログビジネスで生活しているのですが、最近は公式LINEでのご相談が増えて、ありがたいことに多忙の日々を送っております。 

 

今回はその中でもある悩みを抱えており、

挑戦に対して萎縮してしまった方の内容を公開します。

 

それは「今始めるべきではない」とタイミングを図ってしまうことですね。

f:id:tobi-1002:20200519181047p:plain

 

 

僕もそうだったのですが、ブログを始める時って

 

↪︎時間ができたら

↪︎仕事が忙しくなくなったら

↪︎まだタイミングではない

 

と自分の気持ちを押し殺して、挑戦を後回しにしていませんか?

 

これはストレートにもったいないことです。

 

そもそも時期やタイミングなんて

「挑戦した瞬間」なので待ってても永遠と来ないんですよね

 

 

それに自粛期間によって仕事も休業で時間も有り余っているので、絶好にチャンスでもあります。

 

「危機感」と感じているにも拘らずに転職やコロナが落ち着いていたらと、指を加えていても何も解決になりません。

 

 

「わかっている!…でも一歩踏み出せないんです」と言うお悩みも受けることがありますので、

 

今回の記事では、副業に取り組むために

「一歩踏み出すための方法」をお伝えします。

 

 

↪︎夢があるのに自信がなく挑戦が怖い 

↪︎お金がないを言い訳にしたくない、でも怖い

↪︎今の仕事を辞めてでも挑戦をしたい、でも怖い

 

 

↑ように、悩みを抱えて、

 行動に移せていない人は非常に多いです。

 

 

なのでまずは行動するよりも、原因を知ってチャレンジをしていきましょう。

僕の経験を踏まえて、今回の記事で全て公開します。

 

この記事を読むことで、

あなたがやりたいことに「瞬時に」取り組めることができます。 

 

 

逆に記事を読まなかったら、厳しい言い方ですが、

「時期を見て始めます」といつまで経っても挑戦できずに手遅れの人生になるでしょう。

 

今回の記事をきっかけに、ぜひ第一歩を踏み出しましょう。

 

 

\公式LINEでのブログ無料レクチャーはコチラ!/

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

f:id:tobi-1002:20200311022653j:plain

 

 

 

◆自分を「応援してくれる人」に相談すること

f:id:tobi-1002:20190121005029j:plain

 

今までのあなたを変え、新しい自分になろうとする時、

あなたの変化や夢を止めようとしている人も現れます。

 

 

両親だったり、兄弟だったり、恋人や友達だったりと案外身近にいたりするもんです。

 

 

誤解して欲しくないですが、あなたの変化を止めようとする人たちは、

あなたの変化や成長を望んでいないわけでは決してないです。

 

しかし、自分の知らない世界にあなたが行ってしまうことに寂しさ失望を感じてしまうんですよね。

 

それが最終的には、不安恐れにつながってしまうのです。

 

これは自分の身を守るための動物として備わった本能から起きる反応なので、仕方のないことであり、この不安や恐れがあなたの変化を止めさせようとする人たちのエネルギーとなり、

 

結果としてあなたの変化や成長を止めようとするのです。

 

 

あなたの変化を止めようとする人達に同調して、

結局、あなたの変化を止めてしまうことはとてももったいないことです。

 

 

僕たちの成長には、人生の中で変化することは必要なことですし、

これが原因で好機やきっかけを逃してしまう人の方が多いです。

 

 

ですが、人には必ず好機というものが存在します。

f:id:tobi-1002:20190121014612j:plain

 

その好機を巡り会うことができれば、絶対のその好機に乗ることが大切です。

 

そして、好機に乗るために必要なことは、

「あなたの意見を認め、応援してくれる人に相談すること」です。

 

 

人間には「自分の答えを認めて欲しい、応援して欲しい」という心理があります。

 

相談して誰かに自分の答えを認めてもらい、応援してもらうことで、

自分自身に納得し、自信を持って行動することができます。

 

 

あなたの行動から得られた結果は、今のあなたが思い描いていたものとは違う形になることもあるかもしれませんが、自分が納得して、自信を持ったあなたの行動は必ず好転させてくれる方向に向かいます。

 

あなたが副業をやるかやらないかを悩んだ時は、それを応援してくれる人に相談をしてみましょう。

 

誰かに認めてもらって、応援してもらえば、

あなた自身の選択に勇気を持って行動につなげることができます。

 

 

◆稼ぐ金額よりも「稼がなければいかない金額」

f:id:tobi-1002:20190121024108j:plain

 

これは1番に伝えたいのですが、 稼ぎたい金額では人間は行動しません。

 

 

あなたの周りで「100万円稼ぎたいな〜」となんとなく言う人がいるはずです。

当然「100万円稼ぎたいですか?」と聞くと「稼ぎたい」とほとんどの人が答えます。

 

 

ではここで「100万円稼ぐために何かしていますか?」と聞くと、

ほとんどの人間がそのための努力ってしていないです。

 

 

それ以上問い詰めると、

徐々に気まずくなってくる経験をしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

ある種、これが「稼ぎたい金額」なのです。

 

では「稼がなければいけない金額」とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

例えば、あなたには大切な人がいるとします。

 

その大切な人が、命の病にかかってしまいました。

治療に100万円がかかり、余命は3ヶ月と宣告されてしまいました。

 

でもあなたの給料は月に25万円で、

3ヶ月間1円も使わなくて貯金したとしても残り25万円足りない状況です。

 

 

もしこの状況なった時にあなたは、

その人のことを見殺しにしますか?

 

 

絶対にできないはずです。

 

 

そのような状況になると人は友達に借りたり、会社で給料の前借りや、銀行で借りたりと、

できる限りのことをなんでもするはずです。

 

 

これが「稼がなければいけない金額」なのです。

 

 

僕は今でも思っていますが、

人は「危機的状況」にならないとマジで本気を出しません。

 

 

 

自分で選び、自分で考えて、自分で行動する

f:id:tobi-1002:20190121031057j:plain



あなたは自分で選ぶことに「難しさ」を感じてしまうと思います。

それは「正解」を選ぼうとしたり、選ぶ理由を考えようとするからです。

 

 

自分の考えを全うしたいのであれば、

 

➡︎正解を求めない

 

➡︎理由を考えない

 

が大切です。

 

そして、覚えて欲しいのですが

人生において正解なんて存在しないということです。笑

 

 

人生には明確な理由がなくても選ばなくてはならないことはたくさんあります。

そこに「正解」や「理由」を考えたら余計に選べなくなってしまいます。

 

 

 ではどうやって選べばいいのでしょうか?

 

 

それはもう「自分が納得できる」ことを選ぶことです。

f:id:tobi-1002:20190121031921j:plain

 

 

常に納得できる選択をすれば、何が起こっても、

自分が納得して選んだ結果として受け止めることができます。

 

 

何があっても言い訳をせずに、どんなことでも自分の責任として受け入れられるような感受性を持つことが大事なのではないですか?

 

 

 

◆まとめ

 

今回は少し短い内容になってしまったのですが、

もはや副業だけではなく今の活動や仕事、プライベート全てに値する内容です。 

 

あなたが普段、あまり自分で選ばないのは、おくゆかしい性格でつねに他人に流されているということも十分にあり得ます。

 

 

それは、あなた自身の人生を生きずに、

誰かの人生に依存してしまう人生の何者でもないのです。

 

 

うまくいっているときはそれでもいいですが、

人生は辛いことの方が多いです。

 

 

これから何十年と山あり谷ありと続く人生で、自分の納得いく選択ができなければ、

選択肢がない人生が訪れるかもしれません。

 

 

最後までこの記事を見ているあなたはきっと変わることができるはずです。

 

 

僕もパソコン一つで生活している身ではあり、地元の友人から「ブログ書いているだけでお金稼げていいな」って言われますが、

 

「てめぇ、やってみろろ、楽じゃねーよ!!」って言い返したくなります。笑

 

 

結局そう言う人はやらないですし、挑戦もしないです。

 

ビジネスでも何でも、やった者にしかわからない世界があります。

 

今の現状から抜け出せないのであれば、是非試してみてください!

 

 

本日の内容は以上です!

 

僕のLINE@では、

 ・ブログビジネスで困っている

記事の書き方がわからない

SNSの運用がわからない

 

など、こちらのLINE@で、

ブログビジネスに関するご相談無料レクチャーも実施しております!

 

\公式LINEでのブログ無料レクチャー/

 f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

f:id:tobi-1002:20200311022653j:plain

「収益化に必要な記事数と目標設定」 *100記事書く必要はないです。

どうも森永です🤧

 

先日Twitterからこのような意見をいただきました!

 

f:id:tobi-1002:20200514135431p:plain

 

 

ブログを始めるに当たって、記事を書いているが「とりあえず」になってしまっているパターンですね。 

 

たしかにこれからブログを始める人だと、ある程度記事を書けば、

成果につながるのかは一つの目安になるかもしれません。

 

ですが、何事もそうですが、

ゴールの見えない戦いは辛いものです。

f:id:tobi-1002:20190919041223j:plain

 

よく作業がマンネリ化になってしまい、モチベやメンタル的にもよくないです。

 

僕自身もそうでしたが、目標がないまま作業をしていても時間の無駄です。

 

 

まずは目標や記事数を定めて、

 

「もう少し頑張れば成果につながる」というのがわかるだけで、


やる気が出るモチベーションになりますよね。

 

 

しかし、

「記事数」を目安にする考え方は危険でもあります。

 

 →ひたすら記事を書けば上手くいく

戦略がなくてもある程度結果が出る

初心者だからハンデがある

 

などを本気で信じてると、書き終えて振り返ったときに結局何も生まれず、

ただ時間と労力だけが無駄になっていたなんてことは日常茶飯事です。

 

 

今回は、そんな悲惨な状況にならないためにも、

 

「収益化に必要な記事数と目標設定」についてお話ししていきます。

 

 

 

 

◆記事数が少なくても収益化ができる

f:id:tobi-1002:20190919041836j:plain

 

 

まず記事をたくさん書けばいいという考え方を、捨ててください。

 

前提としてアフィリエイトの場合は基本的に成果が出るまで、1年~2年など時間のかかるイメージのあるビジネスですが、だからといって、「1年後までに収益がでればいいや」と考えていると、

 

1年経っても成果は上がりません。

 

 

人生の時間は有限です。

 

お金は後から取り戻すことができますが、時間は取り戻すことはできません。

 

「とりあえず積み重ねていけば勝手に収益が出る」ということはないので、長期的に考えている人でも、短期間でできるだけ少ない記事数で成果を出すように頭を使っていかないと成果はあがりづらいでしょう。

 

 

◆初心者の目安は「20記事〜30記事」

f:id:tobi-1002:20190919042426j:plain

 

 

記事数の目安を知りたい人の中には、「たくさんの記事を書くことで練習する」というイメージの人もいるかもしれませんが、

 

1記事1記事しっかりと収益につながるように書いていかなければ、

 

何十記事、何百記事と書いても時間の無駄になるだけです。

 

 

最近ではミニサイトと呼ばれる、30記事などのサイトもありますが、少ない記事だけでも情報量を詰め込んだり、

 

戦略的に記事を作成していくことでより少ない記事で結果を出せるようになります。

 

 

だから決して、「100記事書いたからOK」

 

ということはないということを頭に入れておきましょう。

 

 

◆初心者はまず「目標の設定」を明確にする

f:id:tobi-1002:20190114033134j:plain

 

 

何事も始めたての時というのは、

 

→「絶対に成功してやる」

→「やってやるぞ!」

→「稼いでやる!」

 

と、モチベーションが高くギラギラするものです。

 

そして、高い目標を立てたり、現実離れした数字を決めてしまいがちなのですが、目標が遠すぎてしまうと、

 

達成できずに徐々にやる気も落ちていくという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

目標を立てたらその数字が現実的に考えて実現可能かを、

 

自分のライフスタイルや記事作成などの時間に充てられる時間とすり合わせていきましょう。

 

 

◆記事数で安心しないこと

f:id:tobi-1002:20190919042933j:plain

 

 

何度でも言いますが、

 

記事数稼ぎをしても意味がありません。(笑)

 

アフィリエイトの成果はあくまで収益を上げることであり、記事数を多く書くということではありません。

 

質の悪い記事なら書かないほうがマシという場合もあります。

 

常に目の前の1記事に集中し、読者にとって役に立つ記事を書いていきましょう。

 

 

◆あとがき

 

ブログビジネスで成功するためには「記事数」ではなく

 

「どうやったら収益につながるか」を常に追うようにしましょう。

 

どれだけいいものがあっても、一流の人に教えてもらっても、

 

【使う側の人間がそれを使いこなせなければ話になりません!】

 

僕が始めた当初に教えてもらったことでもありますし、

 

ブログビジネス以外でも心がけていることです。

 

 

僕のLINE@では、

 ・ブログビジネスで集客が集まらない

記事ネタに詰まってしまう‥

 など、今回の記事以外での質問やご相談を募集しています!

 是非、今後のあなたのお力になれれば幸いです。

 

 

またこちらのページでは、ブログビジネスに関するご相談無料レクチャーも実施しております!

 

 

\公式LINEでのブログ無料レクチャー/

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

 

f:id:tobi-1002:20200311022653j:plain

 

本日の内容は以上です!

言いたいことが伝わらない原因は【信用関係】です。 *言語や会話術ってアレは嘘やで

f:id:tobi-1002:20200506140209j:plain

 

 

こんにちは。 森永です。

 

 

相手から「何言ってんの?」とか頭ではわかっているけど「どのような言い方をすればいいのだ?」って迷うことはありませんか?

 

仕事や大事な行事で↑のような問題が起きたら大変ですよね。汗

 

 

しかし意外にも、

日常から相手に言いたいことが伝わらないことってかなりありますよね。笑

 

 

 

あなたは実際にどうですか?

 

 

仕事をする上で、

上司や先輩、同僚に自分の意見を伝えられていますか?

 

 

プライべートで友人や恋人に、

あなたの考えている事や伝えたい事を伝えられていますか?

 

 

 

伝えたい事はあるが、思うように伝えられていない人は要注意です。

f:id:tobi-1002:20200506125802j:plain

 

 

なぜかと言いますと、 

 

空気を読んで言いたい事を我慢しても、

それが逆に相手との関係を悪化させるケースの方が圧倒的に多いからです。

 

 

 

そのような事態を避けるためには、まずあなたが伝えたい事を伝える事ができないのか、

 

その根本的な原因を知る必要があります。

 

 

 

安心ください。 

 

今回の記事を読むことで、

 

→相手に伝えられない原因を正しく理解できる

→どのように伝えられるのか?

→伝えたことで得られるメリット 

 

この3点を身につけることができます。

 

 

逆に読まないようであれば、途方もない悩みに振り回されてしまい、

スムーズなコミュニケーションは諦めた方がいいです。

 

 

僕も「何言ってるの?」って何百回と言われてきた人で投げ出したくなりますが、

 

深呼吸して、あなたの弱点や考え方を見直せば、

必ず解決できる問題でもあります。

 

 

それでは今日の本題に入っていきます!

 

 

 

◆「空気感」ではなく「裏」を読みすぎている

◆裏を読みすぎるとどうなってしまうのか?

①相手に気を遣わせてしまう。
②あなたに対して信用をなくしてしまいます。

◆言いたい事を伝えるためにはどうすればいいの?

◆まとめ

 

 

 

◆「空気」ではなく「裏」を読みすぎている

f:id:tobi-1002:20200506131058j:plain

 

 

ストレートな意見を相手に伝えてしまうと、

 

→相手が嫌な気持ちになるのでは?

→返答しにくくなるのでは?

→返しやすい無難ない言葉はないかな?

 

 

など、言葉にする前に頭の中で色々考えてしまいますよね? 

 

 

まずあなたは、

空気を読んで発言を我慢していませんか?

 

 

それは空気を読んでいるのではなく、

裏を読みすぎているんですね。笑

 

 

どういう事かというと、

あなたが発言をする事によって起こりうる先の未来を予想し、いい結果が得られないと頭の中で勝手に自己処理をしてしまうということです。

 

 

最悪な未来を妄想してしまう事は、もはや空気を読んでいるのではなく、

裏を読みすぎている以外何者でもありません。

 

 

そう言う時は素直に、まずはアクション(話す)ことを始めましょう!

 

極端ですけど、話を始めないと会話も何もありませんからね。笑

 

 

◆裏を読みすぎるとどうなってしまうのか?

f:id:tobi-1002:20200506132141p:plain

 

 

先ほどの解決としては、まず話してみることが大事とお伝えいたしましたが、

 

では具体的に裏を読みすぎてしまうとどうなるのか?

 

その部分をお伝えいたします。

 

 

 

①相手に気を遣わせてしまう。

 

 

心理学でもよくありますが、裏を取ろうとすると、

相手は面白いほどあなたの考えている事は表情ですぐにわかってしまいます。笑

 

 

あなたが伝えたい事を伝えていない事や、

相手に合わせて会話をしているというのは速攻でバレます。

 

 

異性に告白するor告白される時も感じたことあると思います。

 

「今から告白の時間だな、どうしよう…」

 

そう思いながら異性に会いに行ったはずです。

 

 

 

要は相手もあなたに対して気を遣うようになるので、

あなたに対して話題を提供したりする事をやめてしまいます。

f:id:tobi-1002:20190911022959j:plain

 

 

 

それではあなたと相手の関係は一向に縮まらず、

相手はあなたと徐々に距離をとってきます。

 

 

これはタチの悪いことに、あなたに対して嫌悪感を感じているわけではなく、単純にあなたに気を遣わせてしまう事を嫌がってしまったり、相手が自分の言いたい事を話せなくなり、

 

あなたとコミュニケーションをとるのに気まずさを感じてしまうからです。

 

 

 

 ②あなたに対して信用をなくしてしまいます。

 

 

なぜ信用がコミュニケーションをとる上で大事なのかは考えた事はありますか?

 

 

少し前の話題でありますが、俳優の東出昌大さんの不倫問題がありましたが、非常にいい例でもあります。

 

 

不倫が発覚してから、奥さんの杏さんは順調に女優活動を続けられているのに対して、東出さんが大バッシングを食らって、干され寸前に追い込まれているのはなぜでしょうか?

 

 

勿論、不倫もダメですし、全国の既婚者からもいいイメージなんて全くないです。

 

しかしそこには、見た目や不誠実さ以前に、

信用問題に深く関係があるということです。

 

 

東出さんも俳優として色んな場数を踏まれていると思いますが、下の世代がどんどん売れていく中で、東出さんクラスでも替えが効くのが芸能界です。

 

 

勿論、演技力やテレビ局との関係など他にも信用を確立する選択肢はあるのですが、

 

あのように大々的にバッシングをされてしまいますと、絶大な信用があったかと言うと少し疑問に思ってしまいます。

 

 

なので信用を勝ち取れないと、熱烈に支持するファンを稼げないので、

あのような事件が起こると復帰できなくなってしまいます。

 

 

まさにテレビの良くないジレンマを感じますね。

 

 

 

それに対して、奥さんの杏さん現状からみてもバリバリ活動していますし、ファンからも一部の奥さんからも絶大な信頼を得てい ますよね。

 

 

信用を稼げなければ、支持するファンを増やす事が出来なくなるため、

普段から嘘をつく必要がないんですね。

 

 

 

なので、あのような事件の後でも熱烈なファンがいるおかげで通常通り活動ができているわけです。

 

 

少し芸能関係の話題になってしまいましたが、

 

これは、あなたのコミュニケーションにも同じことが言えます。

 

 

 

普段から思いを伝えられていないと、相手からの信用を得られなくなるため、相手が離れていってしまいます。

 

 

この信用問題の壁は絶対に突破した方がいいです。

 

 

◆言いたい事を伝えるためにはどうすればいいの?

f:id:tobi-1002:20200506134454j:plain

 

 

では、相手に伝えたい事を伝えられるようになるためにはどうしたらいいのか。

 

 

それは、、

「相手とのコミュニケーションの中で正しく空気を読むスキル」を身に付けることです。 

 

 

 

裏を読みすぎて最悪な未来を想像するのではなく、相手が今何を考えていて、伝えても相手は機嫌を損ねたり嫌な気分にならないかを正しく把握することです。

 

 

一番当たり障りがない方法として、

 

①相手の考えにまず共感

②共感してから個人の感想を話す

③自分伝えたい内容を話す 

 

この順番を意識しましょう!

 

 

悪い例

 

相手;「好きな食べ物はなに?」

 

*(相手が寿司好きだった場合)

 

自分:「最近食べた中で美味しかったのは寿司だけど、自分の中ではやっぱりカレーが一番かな?」

 

相手:「カレーでよくない?」

 

 

 

 

良い例

 

相手:「好きな食べ物はなに?」

 

自分:「僕はカレーだよ、何が好きなの?」

 

相手:「カレーなんだ、自分が寿司だね」

 

自分:「寿司なんだ!先週寿司食べに行って〇〇が美味しかったよ!」

 

自分:「何で寿司が好きなの?」

 

 

すごい当たり前のような会話ではありますが、

 

意外にもこれができていない方がめちゃくちゃ多いです!

 

 

 

 

相手の考えに共感することがあることで、自分の伝えたい事を発言しても、

 

「私はあなたの考えを否定していないけれども、私はこのような事を考えています」

 

という意思表示ができるからです。

 

 

 

なので、相手があなたの言いたい事を受け取ったとしても、

あなたが相手の気持ちを理解したうえで伝えたい事を発言していると認識できるのです。

 

 

このコツを掴めれば、あなたは自由に自分の言いたい事を相手に伝える事が出来るようになりますし、発言しても起こりうる最悪の未来を回避する事が出来ます。

 

 

 

是非あなたも試してみてください!

 

 

◆まとめ

 

 

 

 今回は、伝えたい事を相手に伝えられない本当の原因、

 

「信用関係」と、その対処法をご紹介しました。

 

 

コミュニケーションの悩みは心身に及ぼすストレスが大きいので、

一人で悩んでも解決できるものでもないです。

 

 

しっかり原因と対処法を押さえていれば、

コミュニケーションの悩みは解消できますので、諦めないでほしいと思います!

 

 

今回は「伝えたいことが伝わらない原因」に関する記事を投稿しました!

 

ビジネス関係の記事も投稿しますので、是非ご覧ください😊

 

 

またこちらのページでは、ブログビジネス に関するご相談もお待ちしております!

 

 

f:id:aromatake:20200520143745p:plain

 

f:id:aromatake:20200307102651p:plain

本日の内容は以上です!

ネットビジネスは「ノーリスクで稼げるのか?」 リスクに関する豆知識を解説

どうも、森永です!

 

 

「ネットビジネスは“危ないイメージ”があるけど、
本当にリスクはないの?」

 

と気になる人も多いと思います。

 

 

怪しい情報がネット上に流れていたり、詐欺にあったという悪いうわさが流れることもあるので、

 

「本当にリスクがないの?」と気になってしまいますよね。

 

 

まず前提として、

 

世の中何をやるにしてもリスクはつきものです。

 

 

高校卒業で何かの専門学校で専門知識を学びたいと思ったら、その専門知識について詳しく学ぶ代わりに、

他の勉強の知識をある程度捨てなければいけません。

 

 

会社選びでも、給料面を捨てて好きなことを仕事にするべきか、仕事を選ばずに労働条件の良い会社で働くべきかを、

考えなければいけないタイミングもあるはずです。

 

芸能人になるということは、ちょっとした発言で

 

多くの人に嫌われるリスクも覚悟しなければなりません。

 

 

このように、メリットとデメリットは表裏一体で、なにかをやるにあたって、

 

必ずリスクというものが付きまといます。

f:id:tobi-1002:20190911025804j:plain

 

 

それはお金を稼ぐ、

 

つまりビジネスに対しても例外ではありません。

 

 

世の中で最も悩む人が多いのが、お金に関する悩みですし、

 

お金を稼ぐということは一番難しいことであるといえます。

 

 

だからこそ、

 

「お金を稼ぐことが
ノーリスクでできるはずがない」

 

と疑う人が多いのだと思います。

 

 

しかし、もし本当にネットビジネスがノーリスクでできるとしたら、

 

それを疑うことでやらないでいるのはもったいないですよね?

 

 

知らないというだけで、

 

大きな損をしているかもしれません。

 

 

そこで今回は、

 

「ネットビジネスは本当にノーリスクなのか?」についてお話ししていきます。

 

 

・ネットビジネスは基本“ノーリスク”

ネットビジネス 安心 ノーリスク

 

 

たしかにネットも何もない時代には、ビジネスを始めようとしても、

 

お店を構えて

 

人を雇う

 

商品である物を用意する

 

という流れが必要です。

 

 

それでは人件費などの初期費用も掛かってしまうわけなので、

 

もしも売り上げがあがらなければ赤字になってしまいます。

 

 

ですが、ネットビジネスにはそのリスクがありません。

 

 

なぜなら、ネットビジネスはパソコン1台ででき、本業の片手間にも作業ができてしまうものなので、

 

失敗したところで生活が危機になることはありません。

 

 

・大切なのは初期費用が少なく、金銭的にリスクが低いもの

f:id:tobi-1002:20190114032248j:plain

 

 

そもそもリスクがなぜ発生するのかを考えると、失敗したときに、

 

金銭的な損失が起こる可能性があることをリスクと呼びますよね。

 

 

起業は失敗すると、借金を抱えるイメージがあるという人も多いと思いますが、

 

それは初期投資した分のお金を回収できないことによる赤字が生まれるからです。

 

 

つまり、始めるにあたって、

 

初期費用が掛からずできるものを選べば赤字になりようがありません。

 

 

ネットビジネスは全体的に、リアルでのビジネスと比べて、初期費用は掛かりませんが、

 

その中でも初期費用がなるべく0に近いものを選んでやっていくことさえすればリスクはないのです。

 

 

・初期費用がかからないノーリスクでできるビジネス

f:id:tobi-1002:20181203055704j:plain

 

例えばメジャーどころで言うと、、 

 

・ブログやサイトで商品を紹介するアフィリエイト

 

ヤフオクやメルカリなどでの不用品販売

 

 

初心者が始めやすいのはこの2つです。

 

 

ブログというコストのかからない媒体で、自分の商品ではなく、

 

世の中の商品を紹介するアフィリエイト

 

 

在庫を抱えるような転売ではなく、

 

不要になったものを販売する不用品販売。

 

 

このあたりのものから始めれば、リスクなく、

 

ネットビジネスの基礎知識も身につけながら始められると思います。

 

 

・金銭的リスクは考えるが、“時間的リスク”は考えない人が多い

f:id:tobi-1002:20190518225547j:plain

 

 

リスクと聞くと、人は「金銭的リスク」だけを考えがちですが、

 

実はリスクがかかるのはお金だけではありません。

 

 

「時間的なリスク」も考慮しなければいけません。

 

 

お金=時間です。

 

 

お金がかかるものがリスクがあるものという考えを持つ人が多いと思いますが、

 

時間も投資しているのです。

 

 

人生の中での時間は限られています。

 

 

人間の寿命を80年と考えても、

 

24×365×80=700800時間しか使える時間はないのです。

f:id:tobi-1002:20190911025804j:plain

 

 

この限られた時間、つまり有限の資産を使っていくわけなので、

 

時間的な投資によるリスクも見定めなければいけません。

 

 

お金がかからないからリスクが低いと安易に考えるのではなく、

 

時間をかけて得られるものの対価も必ず考えるようにしましょう。

 

 

・まとめ

 

 

ネットビジネスは、初期費用が掛からないものを選べば、

 

金銭的なリスクはありません。

 

 

「リスクがありそうで怖い」と感じてなかなか手が出せなかった人は、

 

まずはどんなネットビジネスがあるのか調べることから始めていきましょう。

 

 

 

僕のLINE@では、

 

ブログビジネスで集客が集まらない

 

記事ネタに詰まってしまう‥

 

 など、今回の記事以外での質問やご相談を募集しています!

 

 

!只今、【20名限定】無料レクチャーを実施しています!

 

f:id:tobi-1002:20190424044719p:plain

「時間」と「お金」どちらが大切ですか?  〜あなたが選ぶべき一瞬の選択〜

どうも、森永です

 

 

今回の内容は、

 

「何物にも縛られない自由な生き方」

 

に大きな興味や関心を抱いているあなたに向けて発信します。

 

 

今日はこの「自由」という言葉を少し掘り下げてみましょう。

 

 

僕自身、このように会社に縛られない生き方を実現させることが出来ているのは、

 

紛れもなくお金と時間の自由があるからこそです。

 

 

でも、もちろん最初からこれを手にしていたわけではありません。

 

 

毎日こなしてきたものが積み重なって、今の結果があります。

 

 

これからお話しするのは、そこで僕なりの経験から、

 

「お金と時間を手に入れるためには、どうすればいいか?」についての考えです。

 

 

・両方を手に入れるためには“優先順位”がある

優先順位 お金 時間

 

 

あなたとしては、

 

どちらとも手に入れられると理想ですよね?

 

勿論、お金が自由に使えるほど手元にあれば大概のことはできます。

 

また、他の誰かに邪魔されない時間を持っていることは、

 

自分の人生を生きる上で大切なことです。

 

 

でも、この二つを同時に持つ事は難しい・・・とは思いませんか?

 

世の中の大半の人はそう感じていることでしょう。

f:id:tobi-1002:20190911024016j:plain

 

 

お金を手に入れるためには、

 

死に物狂いで働かないと自分の時間が無くなる。

 

 

だからと言って自分の時間を増やし過ぎると、

 

収入がなくなってお金も無くなる。

 

 

 

僕も昔はそう考えていました。

 

 

でも今は違います。

 

 

インターネットが自由に使えるようになった今、

 

誰しもがお金と時間の自由を両方持つことが許されています。

 

 

ただし、ここに至るまでには順番があります。

 

 

お金と時間の両方を手に入れるためには、

 

優先順位というものがあるんです。

 

 

まだ両方の自由も持っていない今のあなたにとって、

 

お金時間のどっちが重要だと思いますか?

 

 

僕がまず優先すべきと考えるのは、

 

お金の自由です。

 

 

・自由の定義を考える

f:id:tobi-1002:20190313024518j:plain

 

 

まずは改めて、

 

自由の定義をちゃんと整理しておきましょう。

 

 

これは人によって価値観捉え方が異なります。

 

 

僕にとっての自由の定義は、

 

経済的にも時間的にも、誰にも依存しない状態。

 

好きなことを好きな時にできる状態。

 

 

「自由」をネットや辞書で調べると、

 

自分の意のままに振る舞うこと

勝手気ままなこと。わがまま。

法律の範囲内で許容される随意の行為

 

 

など様々なことが書いてあります。

 

ですが、あなたはこのような自由を目指しているわけではないはずです。

 

 

・時間的な自由を手に入れるのは意外と簡単

f:id:tobi-1002:20190114033134j:plain

 

 

僕が思うに、時間的な自由を得るのはとても簡単です。

 

 

もしあなたが会社員であるとするならば、

 

仕事を辞めれば自由を手に入れることができます。

 

 

ま、あくまでも極論ですが・・笑

 

 

 

ただ、自由に使える時間がいくらあったとしても、

 

お金がなかったら無用の長物ですよね?

f:id:tobi-1002:20190911025804j:plain

 

 

好きなものを食べたくてもお金がないからできない。

やりたいことがあってもお金がないからできない。

誰かに会いに行きたくてもお金がないからいけない。

 

 

これでは自由になった気がしません。

 

むしろ、お金にあなたの行動を支配されていて、

 

とても自由な状態とは言えないのです。

 

 

お金が全てと一度考えた方が楽です(笑)

f:id:tobi-1002:20181222163415j:plain

 

 

僕たちが住んでいる日本という国は、

 

経済的には資本主義が基本の形をとっています。

 

 

難しい言葉ですが、簡単に言ってしまえば、

 

「お金がなければ何もできない。」ということです。

 

 

もちろん、「お金が全てではない!」という人もいます。

 

 

しかし、資本主義国家、経済大国である日本に生まれてしまったからには、

 

お金を稼がなければ何もできないというのは厳然たる事実なのです。

f:id:tobi-1002:20181223035739j:plain

 

 

これが覆ることはありません。

 

嫌だったら革命でも起こしてこの社会体制をひっくり返すほかありません。

 

 

革命を起こすなんて自由になる以上に莫大なお金がかかりますが笑

 

 

それでも嫌ならこの日本を出て、

 

他の国に移住する以外選択肢はありません。

 

 

社会主義で成り立っている国もあるので、


みんなが平等で自由に生活できるところもありますからね。

 

 

・ボランティアするくらいなら「稼げ」

f:id:tobi-1002:20181212035752j:plain

 

 

他にも「ボランティアをする」というのも一つの手段ですね。

 

最近だとNPOとかNGOが流行っているみたいですが、

 

僕はあまり興味がない分野です。

 

 

 

ボランティアをすることはいいことですが、資本主義の社会構造の中でボランティア活動をするのにも、


何かしらの形でお金はかかってくるのは当たり前のことです。

 

 

だからこそ僕たちは、

 

何が何でもお金を稼ぐ必要があるのです。

f:id:tobi-1002:20181209025537j:plain

 

 

 

実際、今あなたがバイトや会社で働いているのは、

 

生活費を稼ぐためですよね?

 

 

本音を言うと、「働きたくない」と思うかもしれませんが、

 

そう考えている人はたくさんいて、

 

今あなたの目の前に降りかかっている紛れもない現実なのです。